群馬県立高崎女子高等学校 EST全体講義

2010年6月18日
  はやぶさ物語
NPO法人 子ども・宇宙・未来の会 会長  的川 泰宣 先生


 2010年6月13日、小惑星探査機 「はやぶさ」 が地球に帰還したニュースが大きく報じられました。
数々の危機を乗り越えながら多くの成果をあげた 「はやぶさ」 の話を、その誕生から携わってこられた的川先生から聴くことができました。
 大変タイムリーな内容であり、現場におけるたくさんのエピソードを交えた講義はとてもわかりやすく、聴講した生徒たちに感動を与えてくださいました。




生徒の感想より

 はやぶさが数々の困難を克服できたのは、最後まで自分たちを信じて努力し続けた担当者たちの力と強い意志があったからだと思います。はやぶさが飛び立った時から地球に帰還するまで、多くの人々が共感したり、悲しんだり、驚嘆したり、祈ったりしました。そこには、世界初という高い目標へ挑戦する姿勢がありました。はやぶさは私たちに、高みを目指すことの大切さと、日本はもっと世界に貢献できるということを教えてくれます。はやぶさやそれに関わった方々から学んだことをしっかり自分のものとし、自分自身を成長させて行かなければならないと感じました。
 
top↑