群馬県立高崎女子高等学校 国際サイエンスキャンプ

2007年11月10・11日
国際サイエンスキャンプ











■概要  高崎高校、本庄早稲田高校との共同開催
1日目 
・基調講演
・分野別講義
・プレゼンテーション資料作成

2日目 (本校は参加せず)
生徒による分野別プレゼンテーション
ネイティブでない外国人講師による、基調講演及び8名の講師による分野別講義を聴講し、その内容を発表資料としてまとめ、プレゼンテーションをおこなって講師から講評を受ける。




■生徒の感想
 自分の英語力が本当に未熟であることがよくわかりました。また、人間工学という新しい分野にも興味を持つことができました。

 以前から目の錯覚を利用した絵に興味があり、エッシャーが大好きなので、話の中に出てきて嬉しかった。
 人間の目に絶対性がないことに何となく安心する。

 今回学んだのは、間違えてもいいから意見をはっきり述べること、Yes,Noをはっきり言うことだ。講義は私にとって、とてもレベルの高いものだったけれど、得たものは本当に大きい。とても勉強になった。

 講師の先生に質問し、自分の英語が伝わったことはとても嬉しく、母国語の違う人とコミュニケーションがとれることは素晴らしいことだと思った。これからはもっと英語を使えるようにして、いろいろな人と話せるようになりたい。

 講師の方々は明るく、本当に研究を楽しんでいるようだった。これからの私たちの進路の手助けになったと思う。

top↑