群馬県立高崎女子高等学校 女性科学セミナー

2008年10月7日
深海環境と深海生物群集
海洋研究開発機構 海洋地球情報部 加藤 聡 先生

















概要
1.

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の紹介
(しんかい6500、うらしま、ハイパードルフィン)

2. 有人潜水調査船による調査・研究について
3.

加圧実験(水深1000mに相当する圧力をかけ、カップラーメンの容器やピンポン球をつぶす)

4.

深海生物の紹介(ハオリムシ、ゴエモンコシオリエビ、シロウリガイ)


生徒の感想

しんかい6500など世界的に進んだ技術について知ることができただけでなく、水圧実験もとても興味深いものだった。深海の様子も初めてみるものばかりで、とても勉強になった。

深海生物を写真や動画で見て、見た目だけでなく自分の想像をこえた体のつくりに驚いた。成長の仕方など、深海の環境に適応している生物の姿に感心した。

水圧の大きさをカップラーメンの容器をつぶす実験を通してわかりやすく学ぶことができた。また、深海の謎を解明することで新たな学問が開拓されていくと思うと、科学技術の幅広さについて改めて実感させられた。






top↑