群馬県立高崎女子高等学校 女性科学セミナー

2008年5月20日
素粒子で宇宙の謎に挑戦
東京大学素粒子物理国際研究センター 研究機関研究員 吉岡 瑞樹 先生















概要
1.

素粒子について(素粒子発見の歴史、種類など)

2.  素粒子物理学の研究方法(さまざまな加速器の紹介)
3.  霧箱で放射線を見る(トリウムが放射するα線を観察)

実験器具提供:東京大学宇宙線研究所広報室
 
 
 
生徒の感想

素粒子物理学というと難しそうな感じがしたが、いろいろな分野に応用されているという今回の講義を聴いてイメージが変わった。霧箱の実験では実際にα線をみることができて感動した。

ただ調べて聴くという受け身の学習よりも、実験をして自ら素粒子物理学の世界に触れたことによって、より深く学んでみたいという興味がわいてきた。

講義の中にあった「フロンティアへの挑戦」で、宇宙の果てを創るというのはすごい考え方だと思った。今回の講義を無駄にすることなく、新たな視点から宇宙について考えてみたい。









top↑