〜身近なもので学ぼうCTスキャンのしくみ〜 東京大学生産技術研究所
 大島 まり 助教授
群馬県立高崎女子高等学校

講義風景
1.CTスキャン(医用画像診断装置)のしくみ
 CTスキャンは病院に置かれている装置で、人間の体を傷つけずに、体内にある臓器の状態を見ることができるため、がんや腫瘍などの色々な病気を発見することができる。 レントゲンが平面2次元であるのに対して、CTは平面の写真では表すことのできない、立体的な3次元の画像である。これはコンピュータを使って、たくさんのデジタルスライス画像を、高さ方向に積み上げて見るからである。
断面を撮影 2.実験手順
@ 野菜を包丁でスライスしながら、その断面をデジタルカメラで撮影します。
A 断面の写真をデジタルカメラからコンピュータに転送します。
B 画像編集ソフトを使って、一つ一つの画像から野菜の断面を抜き出します。
C 画像から3次元のボリュームデータへ変換するソフトを使って、立体画像を作り出します。
D 可視化ソフトを使って、コンピュータ上に再現します。

野菜を包丁でスライス
断面をデジタルカメラで撮影 〜生徒の感想〜
私たちにとってCTスキャンは名前くらいしか知らない装置だったけれど、大島先生の説明のおかげで詳しいしくみや利用方法が理解できた。
実習では、私たちの班は失敗してしまったけれど、皆で楽しく、そして新しい発見ができたのでよかった。自分たちの手で行うことによって興味が湧き、自ら積極的に知識を吸収することができた。
今回のセミナー・実習を通してCTスキャンがより身近に感じられるようになった。今後またCTスキャンについて学ぶ機会があったら、今回のセミナーで学んだことを思い出し、科学的な側面からCTスキャンを考えたいと思う。
画像処理ソフトを使って断面を抜き出す
TOP
BACK