群馬県立高崎女子高等学校 ラボツアー

 県立ぐんま天文台
2008年12月5日〜6日(1泊2日)













■概要

【1日目】
 1.講義「天体観測のABC」
   ・ 「みる」とは? −見る、観る、診る−
   ・ 「観察」と「観測」の違い  ・ 「撮像」と「分光」
 2.150cm天体望遠鏡の解説(11mドーム)
 3.天体観察(観察用望遠鏡を用いて、月やアンドロメダ星雲などを観察)
 4.分光器の作成と実験

【2日目】
 1.太陽黒点・フレアについての説明
 2.館内見学(展示ホール自由見学、研究者用図書室での文献試読)






■生徒の感想

「見る」「観る」「診る」の違いを天体に対して考えたときに、どのような違いがあるのかを理解することができた。

これまで天体観察をしたことがなかったので、実際にいろいろな星を見たときには感動した。肉眼では同じにしか見えない星も、色の違いまで確認できた。

ちょうど太陽黒点がない時期であったのが残念だったが、太陽やその観測法について理解を深めることができた。

top↑