〜平成15年度 中間発表会〜 2003年9月13日(土)
群馬県立高崎高等学校 翆巒会館ホール
群馬県立高崎女子高等学校

『SSH、目指せ&SPP合同成果発表会』
石田先生の講演
第1部 基調講演
石田健蔵 先生
(ソニーエンターテイメント・ロボットカンパニー開発2部統括部長)


第2部 各校発表
高女 「高崎女子高SSH活動について」
現在までの高崎女子高校のSSH活動への取り組みを発表した。
「ラボツアーについて」
夏休み中に3泊4日で行った研究所等への訪問研修を発表した。
高崎 「SSH1年次の「スーパーサイエンスT」」
「「先端科学講座」の取組」
「体験学習「サイエンスワーク・ワークショップ」の取組」
「蛋白質について知ろう」
「欲しい蛋白質を分離する」
「CG(コンピュータ・グラフィック)」
前工 「目指せスペシャリストについて
前橋 「ヘリカル装置での核融合研究」
「トカマク装置での核融合研究」
高工 「クリノスタットを用いた生物実験」


〜生徒の感想〜
「困難だということは可能だということ。できない理由はできることの証拠。」という石田先生からのメッセージに感銘を受けた。この言葉を忘れずに色々な困難にぶつかっても、その先の成功へとつなげるようにこれからも頑張っていきたい。何にでも根気よく取り組み、自分の叶えたい夢を常に考え、実現するという力を養っていきたい。
どの学校も、聞きやすく、見やすく、分かりやすい発表で、とても良かったと思います。皆、難しいことを研究していて、驚くことばかりでした。前高のプレゼンテーションをはじめ、個性あふれる発表でした。科学を学ぶ上で大事なことは、「物事を色々な切り口から考え、興味を持ち、つきつめていくこと、不思議に思うこと」だと改めて思いました。
日常生活でもまだ気付いていない不思議なことがたくさんあり、今日はそれを少しでも理解できて良かったです。

平成15年度全体発表会へ》
成果発表
成果発表
成果発表
成果発表
TOP
BACK