群馬県立高崎女子高等学校 エキサイティング・サイエンスT

2006年9月6日(水)

  JAXA全体講義  〜宇宙開発〜
 
宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙基幹システム本部試験センター 主任  松本 勇  先生


■講義の概要
 ロケットの歴史、外国や日本でのロケット開発(狭義の意味での宇宙開発)から始まり、日常生活を支える宇宙関連の科学技術や国際関係など広義の意味における「宇宙開発」について幅広い内容の講義をいただいた。


■生徒の感想
 気象情報やテレビ放送など、ごくごく近いところにも宇宙が関係しているので、すごいと思った。電気の使用量の映像を見たときにとても驚いた。日本の形も夜でもはっきりわかるので、ショックを受けた。これからは省エネを心がけていきたい。宇宙開発の目的には、美しい地球を守る、というものもあり、私たちも宇宙開発の目的の援助はできるんだなあと思った。

 以前から宇宙について興味を持っていたので、今回の講演はとてもおもしろかった。まだまだ宇宙については謎がたくさんある。宇宙をリンゴにみたてるとまだ皮くらいまでしかわかっていないと聞いて驚いた。もっと宇宙について知りたいと思ったし、少しでも調べてみようと思った。

 今日の講義を聞いて、宇宙開発の目的がわかった。今までは自国の利益のために宇宙開発を進めていると思っていたが、何十億年先の人類のためでもあるとわかった。国を超えた協力関係で宇宙開発を進めてほしい。
SSHで筑波宇宙センターに実際にいけるので楽しみだ。今回の話を元により宇宙について知りたい。
top↑